面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

社長が面接してくれる時、社長のことなんて呼べばいいの?

面接時に社長が面接官として出てくることもあります。このとき、社長のことは一体どう呼べば良いのでしょうか?ここでも「正しい日本語の使い方」が試されます。丁寧に○○社長様や○○社長さんと呼びたくなりますが、これはNGなのです。その理由を知りたい方はどうぞ。

目次

「社長」や「部長」はそれ自体が敬称

2次面接や最終面接になると、面接官は社長や常務など重役が出席します。

ここで社長や常務の名前を呼ぶことがあるかどうかはわかりませんが、もし社長に呼びかけるときは「○○社長様」という言い方はやめましょう。

社長自体が敬称になるため「○○社長様」は「○○様様」と呼んでいるようなもの。二重敬語になるため失礼です。

面接官が社長の場合の正しい呼び方

面接での社長や常務の呼び方は「○○社長」や「○○常務」で間違いはありません。この呼び方以外にも「御社社長」や「御社常務」という呼び方もできます。

「御社社長のご意見をお伺いして感銘いたしました」という使い方が良いでしょう。間違っても「御社社長様」という呼び方をしてはいけません。

「社長の○○様」も間違いではありません

面接で社長へ呼びかける必要があった場合は、「社長の山本様」「常務の井上様」という言い方もできます。

ただ相手の名前を呼ぶのは、とくに社長など重役に対してはやはり抵抗があるものです。

親しい間柄ではありませんし、初対面なら名前を間違える可能性も。名前を呼びたくないなら「御社社長」「御社専務」という呼びかけの方が無難でしょう。

社長の名前を間違えないように

社長を名前で呼ぶつもりなら、社長や常務、専務など面接官の名前はしっかり頭に入れておきましょう。

面接会場には社長の前に「代表取締役・斉藤」というネームプレートが置かれているケースもありますが、そうではない場合は重役の名前を間違えないように。記憶にあまり自信がなければ「御社社長」でOKです。

「御社社長」や「御社専務」などのよび方が無難

面接で社長へ声をかけるときは、苗字がはっきりわからないときは「御社社長」と呼ぶと良いでしょう。

面接中に社長へ呼びかけをおこなうことはあまりありませんが、必要なときはそのような呼び方があると知っておくと良いですね。

転職の面接でほぼ100%聞かれる質問3つ

転職の面接では、ある程度面接官から聞かれる質問が決まっています。ここでは転職の面接でほぼ100%聞かれる質問をピックアップしています。どのように答えればいいのか、その対応についてもご紹介しています。

目次

自己紹介や転職理由、希望年収など聞かれやすい内容を頭に入れておく

一般的な面接では、面接官から聞かれる質問内容があらかた決まっています。よく聞かれる質問に対する回答をあらかじめ決めておけば、スムーズに受け答えが可能です。

面接でよく聞かれる質問を一覧にまとめてみましたので、どのような回答をするのかシュミレーションしてみてください。スラスラ答えられるように練習しておきましょう。

自己紹介やそれまでの職歴・経歴を教えてください

自己紹介をはじめると「あれも言いたい・これも言いたい」と話しがまとまらなくなります。手短に分かりやすく回答できるようにあらかじめまとめておきましょう。

職歴・経歴では前職などで手掛けていたに業務内容や取得した資格などのほかに「これはほかに人には負けない」というアピールポイントをさり気なく入れてみましょう。

転職理由はなんですか?

転職してくる入社希望者はほぼ聞かれる質問です。

「以前の会社は人間関係が悪かった」と言えば「もしかするとうちの会社も人間関係が悪いかもしれませんよ」と質問される可能性大です。

「前職では自分のもつ資格が生かせなかった。御社ならそれができると思った」など前向きな答えをするのが基本。前職の悪口は禁物。

当社でやりたいことはなんですか?

入社後にどのような仕事がしたいのか、具体的な目標やプランが問われています。

単に「簿記の資格をいかして経理の仕事がしたい」というだけではなく、「原価計算をしっかり行い、御社の利益のために無駄のない予算配分をおこないたい」など具体的にどのようなことを手掛けたいのかまで、しっかり答えられるようにしておきましょう。

希望する年収や休日数について

希望する年収は、まだそれほどスキルのない人にとってはむずかしいものです。平均的な給与レベルで希望得を出しておきましょう。

前職のある方は前職の給与水準を参考に。希望する休日数については求人票をチェックし、完全週休2日制と書かれてあればその希望を伝える方が良いでしょう。

面接会場への到着時間は、5分前?10分前?何分前が理想?

面接では社会人としての常識などがチェックされているため、面接に遅刻するようでは時間の管理ができないことを証明してしまい、採用されることはまずありません。だからといって面接開始の1時間前から会場に押しかけるのも非常識。一体何分前に到着すればいいのでしょうか?

目次

15分前に到着することをおすすめする理由

面接会場に到着する時間、どれくらい前ならいいのかさまざまな意見があります。

1時間前では早すぎますし、かといって5分前ではギリギリです。初めてくる面接会場であり、その場に慣れるためにも5分前では遅すぎます。

10~15分程度前に面接会場に来るのが理想。時間にすこし余裕をもたせたいなら15分前。これならOK。

1時間前に面接会場に到着してしまったら?

面接会場に1時間前に到着してしまったら?

1時間前に面接会場に行くのはちょっと非常識。せめて15分前まで時間を調整したいものです。

面接会場の近所にファミレスやスタバ、コンビニなどがあれば、そこで時間を潰しましょう。あまりにも早い時間から会場に着くと、面接対応の担当者に迷惑をかけることになります。

遅刻は厳禁!遅刻しないようにスケジュール管理を

あまりにも早い時間から会場についてしまうのは問題ですが、遅刻してしまうことにくらべれば可愛いものです。面接日に遅刻は厳禁です。

初めての試験会場ですから事前に会場の場所を下調べするくらいの用意が必要でしょう。寝坊して面接に遅刻するようでは、まずその時点でアウト!時間にルーズでは転職成功が遠のきます。

雪などで公共交通機関が動かなくなるときは早めに準備

面接日に大雪が降る、台風が接近するなど天気が荒れそうなときは普段より1時間・2時間前に自宅を出る方が無難。

途中で交通機関が動かなくなる危険性があるため、早めに面接会場に到着しておきましょう。

早め早めの対応ができれば大きな失敗やトラブルを避けることができますし、面接官にも良い印象を与えることが可能。

事情があって遅れそうなら電話連絡を

天候の悪化や事故などで公共交通機関が動かなくなり、予定の時間に到着できないこともあります。

その場合は早めに面接先の担当者に連絡し、遅れる理由や会場へ到着できるあらかたの時間などを連絡しましょう。

理由があれば面接時間の変更や日時変更に応じてくれます。

転職する時は何社に面接するものなの?

転職したいと思っても1度の面接でストレートに採用されることは稀。年齢があがればあがるほど、転職しにくいのが現状です。そのため複数の会社の面接に応募するのが一般的ですが、では何社の会社と面接しておけばいいのでしょうか?

目次

一社だけに狙いを絞るやり方はリスクが高い

「この会社以外入職したい会社はない」と一社入魂の姿勢で採用試験にのぞむ方がいますが、これはあまり良い方法ではありません。採用試験に落ちてしまうと精神的なショックが大きくなりますし、限られた時間を有効活用できる方法とも言えません。

一社だけに狙いを定めるのではなく5社程度に狙いをしぼって採用試験を受ける方がメリットがあります。

100社応募するという目標も意味なし

世の中には「下手な鉄砲も数撃ちゃあたる」という発想で、多くの企業の採用試験を受けているパターンがあります。

100社以上の面接を受けていても「ひとつも採用されない」のでは悲しいもの。

採用試験を受けるためには多くの時間が必要ですので、100社受けるよりも5社程度に絞りこんで採用試験に通るくらいの対策をするべきです。

大手求人サイトでは平均約13社に応募している現実

大手求人サイトでは、業種によって差はありますが一人平均約13社の採用試験を受けています。そのうち内定がもらえるのが2~3社。13社前後の採用試験なら、事前の準備が入念にできそうです。

また採用の確率が高そうな求人を選ぶのもコツ。キャリアや給与、求める人材に差がない求人を選びましょう。

5~10社に応募するのが現実的

採用の可能性が低い求人に100社、200社応募するのは時間の無駄。採用試験に通りそうな求人5~10社に絞りこんで試験対策をする方が時間効率もよく、精神的・肉体的に疲れない方法です。

つぎつぎに不採用通知をもらうと、正直やる気が失せてしまいます。モチベーションを維持するためにも、採用試験を受ける会社をしっかり選びましょう。

合格できそうな会社を絞り込むこと

大手企業では英語や営業など特別なスキルが必要なケースが多く、採用人数もかなり低め。そんな大手企業の採用試験に受かろうと思うと、十分な準備期間が必要です。

ただ「すぐに仕事に就きたい」と思っているのなら、人手不足の業界を選ぶなど合格できそうな求人を選ぶことです。

面接でよく使う敬語

面接では正しい日本語、とくに敬語の使い方が重視されます。丁寧な言葉づかいをしていると思っていても、じつは間違っていたということも。ここでは面接でよく使う敬語をご紹介しています。

目次

敬語には「謙譲語」「尊敬語」がある

敬語には「謙譲語」と「尊敬語」があります。

謙譲語は自分を一段落として表現することで、相手に敬意をしめす言葉です。尊敬語は相手に敬意をはらう言葉で、自分以外の方に対して使います。

それら敬語以外にも「丁寧語」と呼ばれる言葉もありますが、謙譲語と尊敬語をしっかり使い分けることができなければ、社会人としての常識を疑われてしまいます。

二重敬語は使用禁止

敬語は、ただ丁寧な言葉遣いをすればいいというものではありません。「おっしゃられる」「ご覧になられる」は二重敬語。

おっしゃられるの本来の言い方は「おっしゃる」であり、「ご覧になる」という敬語が正解。

丁寧な言葉にしょうとして、要らない飾りをつける必要はありません。二重敬語では逆に相手を失礼です。

「申し上げます」「存じません」は謙譲語

謙譲語はへりくだる言葉。

自分の行動は謙譲語で表現するのが基本です。「それは知りませんが」と目上の方や上司に真顔で言うようでは失格。「それは存じあげません」と表現するべきですし、「頑張らせてもらいます」ではなく「努力させていただきます」と表現しましょう。

「いま行きます」ではなく「いま参ります」と謙譲語がスッと出てくるまで練習することです。

「おっしゃる」「なさる」は尊敬語

謙譲語は自分に対して使う言葉ですが、逆に相手に対して謙譲語を使うのは大変失礼です。相手に対しては尊敬語を使うのが鉄則。

「言う」は「おっしゃる」へ「する」は「なさる」へ、そして「思う」は「お考えになる」という言葉に変えましょう。

「部長のおっしゃることやお考えは理解できます」と尊敬語がすぐに出てくるようになれば合格。

自分のことは「わたくし」相手のことは「御社」

面接でも敬語の使い方がチェックされています。

基本的に自分のことを「俺」や「僕」と呼ぶのは失格。基本的には「わたくし」や「わたし」です。さらに面接先の会社のことは「御社」が基本。間違っても面接先の会社を「弊社」などと呼んではいけません。

言葉遣いは重要です。チェックされていることを自覚しましょう。

面接で希望年収を正直に伝えても良いの?希望年収を伝える時に気をつけること

面接では希望する年収について聞かれることがあります。このとき、素直に希望年収を伝えてもいいのでしょうか?また伝えるときには、どのような言い方が無難なのでしょうか?ここでは希望年収を伝えるときに気をつけたいことをまとめています。

目次

希望年収は正直に伝えてもOK

面接時に面接官から「希望年収(月収)はありますか?」と聞かれた場合、どのように答えればいいのでしょうか?言わない方がいいのでしょうか?

ずばり、希望年収は正直に伝えてもOK。

ただし、求人票に書かれた月収や年収を大きく超える金額を言うのはNGです。企業側としても採用しにくくなります。

月収よりも年収で伝えた方が良い理由

希望年収(月収)を伝えるときは、できるだけ月収だけではなく年収を言う方が無難。

会社員がもらえる給与は月収だけではなくボーナスもあるため、年収で伝えた方が誤解がありません。

希望額を聞かれたときは「年収500万円を希望します」と年収で答えるようにしましょう。入社後のトラブルを防ぐコツです。

前職の年収をベースにして伝える場合

希望年収を伝える場合、前職の年収をベースにして伝える方法もあります。

「前職の年収は500万円でしたので、同じレベルの給与を希望します」という伝え方なら無難です。ただし同じ業界で転職するケースに限られます。

看護師が事務職に転職する場合、スキルのない事務員に年収500万円をだす職場はないからです。

伝えた金額どおりの年収にならないことも納得しておく

希望する年収を伝えても、その金額がすんなり認められるわけではありません。期待し過ぎると失望してしまいます。

年収はそれまでのスキルや年齢、現在働いている社員の給与とのバランスなどを考えて決定されます。いくら前職で高給与がもらえていても、転職先の会社の業績がよくない場合は高給与にならないケースもあるのです。

絶対に言ってはいけない例

面接で希望年収について聞かれたとき、絶対に言ってはいけない言葉があります。

「前職では年収400万円でしたが、もうすぐ子どもが生まれるので500万円を希望します」
「借金があり生活が苦しいので年収700万円を希望します」

子どもが生まれることや借金の有無は、転職先の会社には一切関係ありません。このようなことは言わないようにしましょう。

転職先の面接ですごく緊張してお腹が痛くなる前に実践したいこと

緊張するとお腹が痛くなった……そんな経験はありませんか?じつは腸と脳には相関性があり、緊張したりストレスを感じるとお腹が痛くなることがあるのです。

お腹が痛いと面接も自信をもって乗り切れません。お腹が痛くなる前に実践したいことをご紹介しています。

目次

ストレス性の過敏性腸症候群に注意

面接や採用試験直前になるとなぜかお腹が痛くなり、実力が発揮できなくなる……

それはストレスによる過敏性腸症候群IBS)かもしれません。内臓の検査をしても異常がなければ、この病気になっている可能性大です。

緊張する場面でお腹が痛くなる病気で、日本人(成人)の約1~2割の方がこの病気の症状で悩んでいます。

ストレス性過敏性腸症候群の症状とは?

ストレスによる過敏症腸症候群の症状は、大きく分けて3つ。下痢型と便秘型、そして交代型です。

下痢型はお腹の痛みを感じ、トイレに何度も駆けこみます。便秘型はお腹の痛みを感じ、さらに便秘の症状がでます。交代型では下痢と便秘を交互に繰りかえします。

お腹の痛みで面接や試験に集中できないのが大きな症状です。

大事な面接の前には刺激のある食事をひかえる

過敏性腸症候群の治療には下痢止めや抗うつ剤などの処方がありますが、食事を改善することでお腹の痛みを軽減させることができます。

試験や面接前日には刺激のあるものを食べない、冷たいもの(胃を刺激するもの)を飲まないなど食事に気をつけましょう。

便秘型の方はヨーグルトなど乳酸菌の含まれるものを摂取するのがおすすめ。

薬物療法で治療

ストレスが原因の過敏性腸症候群の治療薬としては下痢止めや胃腸の調整剤、またストレスが過剰にかかっているケースでは抗うつ剤精神安定剤などが処方されます。

ただこれら薬物療法は完璧なものではありません。100%の効果を期待し過ぎるのはよくありません。ただストレスが、解消することで自然にお腹の痛みが消えることもあります。

適度な運動でストレス解消

ストレス解消が過敏性腸症候群を解消する鍵です。

ストレス解消のために友人とお喋りをしたり趣味を楽しむことが効果的。適度に体を動かすこともストレス解消にはおすすめ。カラオケで大声を出して歌うとストレス解消になる方も。自分にあったストレス解消法を見つけましょう。