読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

面接で好印象を与える「女性」の髪形と髪の色

女性の転職面接は、男性よりも気配りしなければいけない点がたくさんあります。自分は経歴があるし自身もあるから見た目なんて気にしなくて大丈夫なんてあなどっていると面接が不採用になり兼ねません。

女性は化粧をするのが基本ですし、男性は長髪で面接を受けに行く人はいませんが女性は長い髪の方もいて当たり前です。

女性は化粧の仕方、髪型、服装で派手に見えてしまう可能性があり、女性の面接官の場合、スカートの短さやストッキングが伝線していないかといった細部まで見られる可能性もあるので見た目は万全に整えて面接に挑みましょう。

ここでは、女性の面接官へも好印象を与えられる髪形、髪色について詳しく紹介して行きたいと思います。

意外に見られている髪形!~7つのチェックポイント~

女性が面接でしていく髪型を決める時、7つのポイントに気を付けてセットしましょう。

  1. 髪色は黒かこげ茶
  2. 結べる髪は結ぶ
  3. 盛りすぎ、凝りすぎはNG
  4. ヘアゴムや髪飾りは黒か紺
  5. パーマなしの方が好印象
  6. 白髪は染める
  7. 前髪は目にかかるなら止める

【女性の髪形別】面接官受けするヘアセットの仕方

面接官から好印象をもらえるヘアセットの方法を髪形別に紹介していきます。

ショートカット

パーマや明るい髪色はNGです。ワックスで遊ぶのは面接では控えましょう。

ボブヘア

プライベートでは後頭部を盛るようにセットしたいところですが、面接ではワックスで整える程度でOKです。

長い前髪はピンでとめて、お辞儀をしても前髪が顔にかからないようにしましょう。面接中に何度も前髪に触っていると、面接官に落ち着きがない印象を持たれてしまいます。

ミディアムヘア

面接は黒か紺のゴムで結ぶのを忘れないようにしましょう。バレッタなどのアクセサリーは不要です。

ロングヘア

面接では派手に盛るようなセットはせず、地味なゴムで1本に結むのがベストです。パーマをかけている人は結んでパーマを目立たないようにするか、ストレートパーマをかけるのも1つの選択です。

まとめ

面接は話す内容ももちろん大切ですが、見た目も採用不採用の基準として見られていることを忘れないようにしましょう。特に、女性は髪形だけではなく化粧の仕方や服装まで気を配らなければいけない点がたくさんあります。

人間は第一印象を固定化しその人を判断する性質を持ちます。いくら仕事のデキる人間でも、仕事に対して前向きな人でも、コミュニケーション能力が高く社交的な人でも、面接での第一印象が悪ければ面接突破となるのは難しいと心得ておくように。

面接は会ったことのない人が対面する場所です。第一印象は服装、髪型、化粧といった見た目でほぼ決まってしまうので、好印象に取ってもらえる格好を心がけるのを忘れないで下さい。