読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

外資系企業の面接はもちろん英語ですよー!あなたの英会話大丈夫?

質問・聞かれること 自己紹介

外資系の企業は給与が高く給与アップを狙う人、年功序列ではなく力量で管理職に就きたいとキャリアアップを目指す人、外資はカッコいいと憧れている転職者は是非とも目指したい企業でしょう。

しかし、注意しなければいけないのは「語学力」です。外資系企業の面接は英語で進みます。冒頭は日本語で始められることもありますが、自己紹介、志望動機、自己PRといった重要な場面は必ず英語で進むと捉えておくべきでしょう。

外資系へ転職したいあなた、英会話スキルは十分ですか?

TOEIC800点以上でビジネス英語を話せなければ不採用

日常会話がスムーズにできる程度ではNGですよ。外資系企業を受けるためにはTOEIは最低でも800点以上は必要とされていますが、いくらTOEICの点数が高くても英会話スキルがなければ狭き門の外資企業の面接を突破するのは難しいでしょう。

フォーマット化された文章を英語で言うだけで安心してもいけません。日系企業の転職面接でも例文を丸暗記して話しましたというような自己紹介や志望動機は面接官の印象に残らずNGとされていますが、外資系企業なら尚更です。

外資日系企業と比べて仕事をする上でも自由度が高く、バンバン意見が言えない人は即、干されてしまいます。逆に自分の意見が言える人間は買われて昇進していくという利点があるわけですが、面接でも良い意味で個性のある自主性の高い答えが求められていることを忘れてはいけません。

外資系企業は趣味のない人に興味ない

日系企業ではプライベートを重要視しませんが外資は違います。休みの日にどのようなことをして自分を高めているのかも重視され、仕事以外に楽しみを見いだせない人は仕事でも面白いアイディアを出せない魅力のない人間とされてしまいます。面接では職歴や仕事上のアピールだけではなくプライベートの自己PRを英語で魅力的に伝えるようにすべきでしょう。

しかし、日常会話程度なら会話ができても、相手に好印象に伝わる英語の言い回しは難しいですよね。模範解答や英単語は書籍を読んで勉強できますが、言い回しは書籍だけでは身に付きません。模擬面接を重ね、実践で学んでいくしかありません。 外資系企業へ転職する人はビジネス英語が学べる英会話スクールに通って、面接対策を行っているようです。

外資系へ転職したい人に人気の「Bizmates(ビズメイツ)」

ビジネス英会話が身に付くスカイプ英会話のBizmates(ビズメイツ)は人気があります。面接コースがあり、スカイプで模擬面接をしてくれます。 スカイプ英会話なら現職が忙しい方でも就寝前やお昼休みといったスキマ時間にスマホからも学べますし、月額12,000円と安いのが魅力です。転職活動中だけ利用するといった短期レッスンも可能なので、まずは無料体験レッスンを申し込んでみるべきでしょう。 日本人は「think」(思う)を多く使いたがりますが面接官には良い印象を与えません。「I'm confident」(自信を持っている)と置き換えるだけでぐっと熱意ややる気が伝えられる文章になるそうです。 Bizmates(ビズメイツ)ではレッスンを通してこのような言い回し方のコツを教えてくれます。英会話スキルはもちろん、英語面接のコツが学べるので外資系企業の面接を突破できる指南役となってくれるはずです。 もちろん講師人はネイティブで、外資系IT企業のエンジニア職や海外の空港の顧客サービス担当、外資系企業のマーケティング部といった経歴を持つ方たちばかりなので実用性の高い英会話スキルを学ぶことができます。

まとめ

外資系企業で働きたい!その夢を叶えるかどうかは、自分次第です。外資で働くには、単なる英語好きや外国人の友達が多いなんて理由では無理です。ビジネス英語が話せるか、どんな英語で質問されても個性があり自分の魅力を引き出せる答え方ができるか、これが重要です。

誰にも羨まれる外資系企業で働くために英語で何度も面接対策をして、ご縁をつかみ取ってくださいね。