読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

面接のメールの件名は何がベスト?メールの内容別に解説

企業との連絡 メール

転職面接は人事の担当者とのメールのやり取りが頻繁に行われます。転職面接の平均面接数は2.2回なので一次面接、二次面接の日程の連絡から合否の連絡、無事採用となれば内定の連絡と面接が進むごとにメールのやり取りが増えていきます。

メールは面接と同様にビジネスマナーが試され、丁寧な心配りで仕事がデキる人間なのか判断されている材料と捉えておくべきでしょう。

新卒の就職面接ではメールの文面が丁寧でなかったり尊敬語や謙譲語の使い方が少しくらい間違っていても多めに見てもらえますが、転職面接でビジネスマナーのない無礼なメールを送ってしまっては不採用になると心得ておくべきです。

ここでは、メールの件名について内容別にベストな例をまとめたので、メールの件名に迷ったら参考にしてください。

求人の問い合わせ

まず、転職面接のメールで1番始めに上がってくるメール内容の①求人の問い合わせについてです。

件名を見て採用担当の方が内容を一目で分かるように短く明確に書くのがコツです。句読点は入れず、名前も表記すると良いでしょう。

ベストな件名

「営業職の求人に関しまして / ○○(名前)」
「貴社求人への問い合わせ/ ○○(名前)」

NG件名

「教えて下さい!」
「求人の○○に関して質問があります。」

日程調整の依頼

面接日に仕事がどうしても休めなかったり、時には他の企業の面接とかぶってしまうということはありえます。面接日は出来る限り変更をお願いしない方が得策ですが、やむおえない場合は日程調整の依頼をしましょう。

原則、日程調整のお願いはメールではなく電話で済ますのが礼儀です。電話にて謝罪やお礼を申し上げることで礼儀正しさ、その企業へ転職したい熱意を伝えられることができます。また、メールの返信だけでは万が一、担当者の方がメールを見落としているといった場合も想定されるので避けましょう。

何度電話しても担当者の方が不在だった時のみメールを送るよう心がけて下さい。

ベストな件名

■ 面接日の日程が送られてきたが変更してもらいたい時
「Re:第一次面接のご案内/ ○○(名前)」
「Re:Re:○○職第二次面接につきまして/ ○○(名前)」

■ 1度OKしたが日程調整してもらいたい時
「○月○日 一次面接の日程調整のお願い/ ○○(名前)」

NGな件名

「○月○日から○月○日に変更をお願いします。」
「○月○日は現職の業務によりお伺いできません。」

面接のお礼

面接が終わったら失礼の無いお礼のメールを送るのを忘れないで下さい。人によっては毎回の面接でお礼を送るのは迷惑と考える方もいるかもしれませんが、転職面接の平均面接回数は2.2回と新卒面接と比べて少ないです。最低2回しかない面接回数を考えると面接の度にお礼を送っても問題ないでしょう。

面接のお礼は面接が終わった当日以内に送るのがベストです。採用不採用かは当日中に決まってしまうことが多いのでそれまでに送るのが効果的です。

面接の興奮のあまり、件名に感想めいた文章を送ったり、「!」を乱用しないようにして下さい。友人との飲み会後のメールとは違いますよ。面接のお礼のメールも面接同様、ビジネスマナーが問われる重要な材料となっていることを忘れないで下さい。

ベストな件名:

「○月○日の面接のお礼/ ○○(名前)」

NGな件名

「本日は一次面接の程、ありがとうございました。」
「本日は貴重なお時間を頂き、誠にありがとうございました。」

内定のお礼

最後は、転職活動で1番嬉しいメールになるのではないでしょうか。内定の連絡に対するお礼です。嬉しい気持ちや入職に対する熱意はメールの本文に書くようにし、件名はあくまでもシンプルに「採用のお礼」でOKです。

ベストな件名

「採用のお礼/ ○○(名前)」

NGな件名:

「採用頂き光栄でございます!」
「いち早く、御社に貢献できるように邁進して行きたい所存です!」

まとめ

ビジネスマナーが一通り見に付いていると感じている方でもなるほど!と納得する点があったはずです。普段の仕事で使っているメールのやり取りは、転職活動のものとは異なる点もあります。

件名は人事担当者がメールボックスを開いて始めて目にする文面です。無礼のないように、恥ずかしくないマナーを知って作成して下さい。メールは転職の採用不採用を決める判断材料となることを頭に入れて、件名からベストなメールを作りましょう。