面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

面接のお礼メールのサンプル、集めました!

面接後はお礼のメールを送るのが社会人としての礼儀です。

人によっては面接の度にメールを送るのは逆に失礼、最終面接だけ送れば良いとする方もいますが、面接官に礼儀の備わった丁寧な人間との良い印象を与えるためには面接ごとにお礼のメールを送る方がよいと思います。

ただ、簡易的に作ると急いで書きました感が分かってしまうので、逆に悪い印象を与えかねません。お礼のメールの書き方や注意点をしっかりと頭に入れ、短いながらも熱意に伝わる自分なりのメールを送るようにして下さい。

転職面接のお礼メールのサンプルを集めたので、ご活用ください。

転職面接のお礼メール例文1

件名:○月○日の面接のお礼(氏名)

株式会社○○○
人事部 △△様

○○(名前)と申します。
本日はご多忙な中、面接の機会を賜り、誠にありがとうございました。

○○様(担当者名)のお話を伺うことで、貴社の経営ビジョンや、社員の方々一人一人が目標を持って仕事に取り組まれているといったことをより深く理解することができ、ますます貴社で働きたいという気持ちが強くなりました。

また、志望動機でもお話させて頂いた海外営業部の具体的な仕事内容についてお伺いでき、深く感銘を受けました。
貴社の中で、会社の成長と自己の成長ともに実現することができれば幸甚でございます。
ご面接いただきました○○様に、くれぐれもよろしくお伝えくださいませ。

末筆ながら、面接のお礼を申し上げますとともに、貴社のご発展と社員皆様のご多幸をお祈りいたします。

******************************
○○ ○○(名前)
東京都新宿区新宿1-1-1
電話:03-××××-××××
e-mail: marumaru@ocn.com
******************************

転職面接のお礼メール例文2

件名:○月○日の一次面接のお礼(氏名)

○○株式会社
人事部 人事課
○○様

○○と申します。

本日は貴重なお時間を割いてご面談いただき、誠にありがとうございました。
○○様のお話を伺う中で、貴社のお客様に対する丁寧な提案方法、食育に対する貴社の考え方、お客様に対するイベントや展示会への熱意について深く感銘を受けました。
貴社を第一志望としておりますが、貴社で仕事をしたいという気持ちがますます強くなりました。

この度の面接が良い結果となった場合、貴社で私の力を活かせるようスキルアップを図り、邁進して行きたい所存です。
是非とも良いお返事をいただき、貴社のお役に立てるよう祈っております。

取り急ぎ、面接でのお礼を申し上げます。

******************************
○○ ○○(名前)
東京都新宿区新宿1-1-1
電話:03-××××-××××
e-mail: marumaru@ocn.com
******************************

転職面接のお礼メール例文3

件名:○月○日の二次面接のお礼(氏名)

○○株式会社
人事部 人事課
○○様

いつも大変お世話になっております。◯◯と申します。

早速ではございますが、
本日の面接のお礼を申し上げたく、ご連絡させていただきました。

◯◯様のお話を伺う中で、常に患者様の健康と安心を第一に考え、
医師とのコミュニケーションを通しながら医療施設に適した医療機器やサービスを提供していくという仕事の大変さと、
醍醐味の一端を理解できたように思います。

また、離島やへき地医療に対する貴社の事業内容をより具体的にお伺いし、
改めて貴社の社員として働きたいという思いがより一層強くなりました。

この度の面接が良い結果となった場合、これからも一層努力し、自分を高めていく所存です。

是非とも良いご連絡がいただけますよう祈っております。

末筆ながら、ご面談のお礼を申し上げますとともに、
貴社のご発展戸皆さまのご多幸をお祈り申し上げます。

******************************
○○ ○○(名前)
東京都新宿区新宿1-1-1
電話:03-××××-××××
e-mail: marumaru@ocn.com
******************************

まとめ

面接後のお礼メールの例文を3つ紹介しましたが、コピペはNGです。

他の応募者と全く同じとなったら面接官はうちの面接を軽視していると思われてしまい、お礼メールが逆効果になり兼ねません。あくまでも参考に、自分が面接を受けて感銘を受けたこと、入職したらどのように活躍して行きたいのか自分の言葉で表現して下さい。

自分の言葉で書き面接官へ熱意や心意気をアピールすることができるので、面接後のメールの文章は最後の気合いを振り絞って考えるべきでしょう。あとは自分を信じて合否を待つのみです。

あともう一息、転職活動を頑張りましょう!