読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

転職の面接で1次と2次があるけど、どんな違いがあるの?

面接の知識

転職の面接では、1次面接・2次面接、場合によっては最終面接までおこなう会社があります。1次面接や2次面接では、一体どのような点が重視されるのでしょうか?1次・2次面接を突破するために両者の違いをご説明しています。

目次

1次面接は人物評価、2次面接は意欲

転職の面接では1次・2次・最終面接と3段階ふむケースがあります。なぜ何段階も面接をおこなうのでしょうか?

面接希望者が多い場合、とても1度の面接では終わりません。そのため1次・2次と段階を踏むのです。

1次面接では人物評価が主になっており、2次面接では入社後の意欲や目的、会社への貢献などを重視します。

1次面接の面接官と重視される内容

1次面接では人物評価がメインになります。

清潔感のある服装や髪形をしているかどうか、ハキハキとした喋り方ができているかどうか、質問されたことにしっかり答えられるかどうかなどが重視されます。

面接官も係長・主任クラスなので深く質問を掘りさげることはありません。遅刻や派手な服装、奇抜な行動は×です。

自己PRや協調性がとくに重視される理由

面接の1次選考では人物評価が重視されます。そのため協調性や自己PRが重要になります。

ほかの面接者の迷惑にならないように時間を守る、廊下でぺらぺらしゃべらないなどの協調性をしっかりチェックされています。

自己PRは自分の長所をごり押しするよりも、企業HPに掲載されている「求める人材像」にそえるPRにするとグッド。

2次面接の面接官と重視される内容

2次面接になると1次面接での内容を確認されることが多く、1次面接で言ったこととまるで違うことを言うと面接官へ不信感を与えることになります。

1次面接で話した内容は、すぐにメモをとって残しておく必要があります。
2次面接では部長クラスの管理職が面接官となりますので、質問に対する矛盾や疑問をぶつけてきます。

2次面接で重視されるのは意欲

「なぜ弊社を選んだのか」「弊社でなにがしたいのか」「具体的な将来像」など1次面接では聞かれなかった質問がどんどん飛びだします。

圧迫面接とよばれる質問攻めやネガティブな質問も飛び交いますが、入社希望者の本音ややる気をチェックしています。

意欲があることを十分アピールし、会社にとって有益な人材になれることを伝えましょう。