面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

面接時の会話で笑うのはOK?

面接の会話が盛り上がると、ついつい笑顔になってしまうことがあります。

面接中なのに笑うのは良くないことのように思えますが、時と場合によっては好印象を与えることも。ただし、薄ら笑いやにやけた笑いは禁物!ここでは面接時の笑いについてご説明しています。

目次

面接時に会話が盛り上がれば笑ってもOK

面接官といえども人間です。面接中に話題が盛りあがり、面接官と入社希望者が同じ会話で笑ってしまうことはあります。

会話が盛りあがって笑うことはNGではありません。

ただ、面白いからと言って周囲の人たちの迷惑を考えず大笑いしてしまうのはNGです。面接室の外まで笑い声が響くようではいけません。

自分で言ったことに自分で笑うのはNG

「この私の失敗談は、本当に面白いと思いませんか?」と自分で振った話題に自分で笑うのは厳禁。

面接官はたいして面白くない話しを聞かされるわけですから、その場がシラケるのは目に見えています。

面接ではウケを狙った話しをする必要は一切ありません。たまたま会話が盛り上がれば笑っても構いませんが、面接官を笑わせる場ではありません。

にやけた笑いや薄ら笑いは印象が悪くなる

自然な笑い、さわやかな笑顔は歓迎ですが、なかにはにやけた笑いや薄ら笑いをする入社希望者も。薄ら笑いやにやけた笑いは、それ自体があまり良い印象を与えないものです。面接ではできるだけ変な笑い方をしないように。

貧乏ゆすりや足の先や指先を小刻みにゆらすような癖も、あまりよくありません。落ち着きのない人だと判断されます。

自然な笑顔は面接をスムーズにする

不自然な作り笑いや薄ら笑いは印象がよくありませんが、自然で明るい笑顔は面接をスムーズにします。

面接官から褒められるようなことがあれば、感情を込めて「ありがとうございます」と笑顔で。逆に面接官から褒められても、まるでロボットのように表情ひとつ変えないのは不自然。

面接では人間性もチェックされています。不自然さを感じさせるのは×。

場所をわきまえず大声で笑うのはNG

面接官と話しが盛りあがったからと言って、一人で大爆笑をするのは非常識です。ほかの入社希望者を驚かせたり、不快な気持ちにさせることはNG。

いくら面白い話しを聞いたとしても素直に大笑いするのは避け、控えめな笑顔と和やかな雰囲気で面接を受けましょう。