読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

転職先の面接ですごく緊張してお腹が痛くなる前に実践したいこと

面接対策

緊張するとお腹が痛くなった……そんな経験はありませんか?じつは腸と脳には相関性があり、緊張したりストレスを感じるとお腹が痛くなることがあるのです。

お腹が痛いと面接も自信をもって乗り切れません。お腹が痛くなる前に実践したいことをご紹介しています。

目次

ストレス性の過敏性腸症候群に注意

面接や採用試験直前になるとなぜかお腹が痛くなり、実力が発揮できなくなる……

それはストレスによる過敏性腸症候群IBS)かもしれません。内臓の検査をしても異常がなければ、この病気になっている可能性大です。

緊張する場面でお腹が痛くなる病気で、日本人(成人)の約1~2割の方がこの病気の症状で悩んでいます。

ストレス性過敏性腸症候群の症状とは?

ストレスによる過敏症腸症候群の症状は、大きく分けて3つ。下痢型と便秘型、そして交代型です。

下痢型はお腹の痛みを感じ、トイレに何度も駆けこみます。便秘型はお腹の痛みを感じ、さらに便秘の症状がでます。交代型では下痢と便秘を交互に繰りかえします。

お腹の痛みで面接や試験に集中できないのが大きな症状です。

大事な面接の前には刺激のある食事をひかえる

過敏性腸症候群の治療には下痢止めや抗うつ剤などの処方がありますが、食事を改善することでお腹の痛みを軽減させることができます。

試験や面接前日には刺激のあるものを食べない、冷たいもの(胃を刺激するもの)を飲まないなど食事に気をつけましょう。

便秘型の方はヨーグルトなど乳酸菌の含まれるものを摂取するのがおすすめ。

薬物療法で治療

ストレスが原因の過敏性腸症候群の治療薬としては下痢止めや胃腸の調整剤、またストレスが過剰にかかっているケースでは抗うつ剤精神安定剤などが処方されます。

ただこれら薬物療法は完璧なものではありません。100%の効果を期待し過ぎるのはよくありません。ただストレスが、解消することで自然にお腹の痛みが消えることもあります。

適度な運動でストレス解消

ストレス解消が過敏性腸症候群を解消する鍵です。

ストレス解消のために友人とお喋りをしたり趣味を楽しむことが効果的。適度に体を動かすこともストレス解消にはおすすめ。カラオケで大声を出して歌うとストレス解消になる方も。自分にあったストレス解消法を見つけましょう。