面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

面接でよく使う敬語

面接では正しい日本語、とくに敬語の使い方が重視されます。丁寧な言葉づかいをしていると思っていても、じつは間違っていたということも。ここでは面接でよく使う敬語をご紹介しています。

目次

敬語には「謙譲語」「尊敬語」がある

敬語には「謙譲語」と「尊敬語」があります。

謙譲語は自分を一段落として表現することで、相手に敬意をしめす言葉です。尊敬語は相手に敬意をはらう言葉で、自分以外の方に対して使います。

それら敬語以外にも「丁寧語」と呼ばれる言葉もありますが、謙譲語と尊敬語をしっかり使い分けることができなければ、社会人としての常識を疑われてしまいます。

二重敬語は使用禁止

敬語は、ただ丁寧な言葉遣いをすればいいというものではありません。「おっしゃられる」「ご覧になられる」は二重敬語。

おっしゃられるの本来の言い方は「おっしゃる」であり、「ご覧になる」という敬語が正解。

丁寧な言葉にしょうとして、要らない飾りをつける必要はありません。二重敬語では逆に相手を失礼です。

「申し上げます」「存じません」は謙譲語

謙譲語はへりくだる言葉。

自分の行動は謙譲語で表現するのが基本です。「それは知りませんが」と目上の方や上司に真顔で言うようでは失格。「それは存じあげません」と表現するべきですし、「頑張らせてもらいます」ではなく「努力させていただきます」と表現しましょう。

「いま行きます」ではなく「いま参ります」と謙譲語がスッと出てくるまで練習することです。

「おっしゃる」「なさる」は尊敬語

謙譲語は自分に対して使う言葉ですが、逆に相手に対して謙譲語を使うのは大変失礼です。相手に対しては尊敬語を使うのが鉄則。

「言う」は「おっしゃる」へ「する」は「なさる」へ、そして「思う」は「お考えになる」という言葉に変えましょう。

「部長のおっしゃることやお考えは理解できます」と尊敬語がすぐに出てくるようになれば合格。

自分のことは「わたくし」相手のことは「御社」

面接でも敬語の使い方がチェックされています。

基本的に自分のことを「俺」や「僕」と呼ぶのは失格。基本的には「わたくし」や「わたし」です。さらに面接先の会社のことは「御社」が基本。間違っても面接先の会社を「弊社」などと呼んではいけません。

言葉遣いは重要です。チェックされていることを自覚しましょう。