面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

面接会場への到着時間は、5分前?10分前?何分前が理想?

面接では社会人としての常識などがチェックされているため、面接に遅刻するようでは時間の管理ができないことを証明してしまい、採用されることはまずありません。だからといって面接開始の1時間前から会場に押しかけるのも非常識。一体何分前に到着すればいいのでしょうか?

目次

15分前に到着することをおすすめする理由

面接会場に到着する時間、どれくらい前ならいいのかさまざまな意見があります。

1時間前では早すぎますし、かといって5分前ではギリギリです。初めてくる面接会場であり、その場に慣れるためにも5分前では遅すぎます。

10~15分程度前に面接会場に来るのが理想。時間にすこし余裕をもたせたいなら15分前。これならOK。

1時間前に面接会場に到着してしまったら?

面接会場に1時間前に到着してしまったら?

1時間前に面接会場に行くのはちょっと非常識。せめて15分前まで時間を調整したいものです。

面接会場の近所にファミレスやスタバ、コンビニなどがあれば、そこで時間を潰しましょう。あまりにも早い時間から会場に着くと、面接対応の担当者に迷惑をかけることになります。

遅刻は厳禁!遅刻しないようにスケジュール管理を

あまりにも早い時間から会場についてしまうのは問題ですが、遅刻してしまうことにくらべれば可愛いものです。面接日に遅刻は厳禁です。

初めての試験会場ですから事前に会場の場所を下調べするくらいの用意が必要でしょう。寝坊して面接に遅刻するようでは、まずその時点でアウト!時間にルーズでは転職成功が遠のきます。

雪などで公共交通機関が動かなくなるときは早めに準備

面接日に大雪が降る、台風が接近するなど天気が荒れそうなときは普段より1時間・2時間前に自宅を出る方が無難。

途中で交通機関が動かなくなる危険性があるため、早めに面接会場に到着しておきましょう。

早め早めの対応ができれば大きな失敗やトラブルを避けることができますし、面接官にも良い印象を与えることが可能。

事情があって遅れそうなら電話連絡を

天候の悪化や事故などで公共交通機関が動かなくなり、予定の時間に到着できないこともあります。

その場合は早めに面接先の担当者に連絡し、遅れる理由や会場へ到着できるあらかたの時間などを連絡しましょう。

理由があれば面接時間の変更や日時変更に応じてくれます。