面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

転職の面接でほぼ100%聞かれる質問3つ

転職の面接では、ある程度面接官から聞かれる質問が決まっています。ここでは転職の面接でほぼ100%聞かれる質問をピックアップしています。どのように答えればいいのか、その対応についてもご紹介しています。

目次

自己紹介や転職理由、希望年収など聞かれやすい内容を頭に入れておく

一般的な面接では、面接官から聞かれる質問内容があらかた決まっています。よく聞かれる質問に対する回答をあらかじめ決めておけば、スムーズに受け答えが可能です。

面接でよく聞かれる質問を一覧にまとめてみましたので、どのような回答をするのかシュミレーションしてみてください。スラスラ答えられるように練習しておきましょう。

自己紹介やそれまでの職歴・経歴を教えてください

自己紹介をはじめると「あれも言いたい・これも言いたい」と話しがまとまらなくなります。手短に分かりやすく回答できるようにあらかじめまとめておきましょう。

職歴・経歴では前職などで手掛けていたに業務内容や取得した資格などのほかに「これはほかに人には負けない」というアピールポイントをさり気なく入れてみましょう。

転職理由はなんですか?

転職してくる入社希望者はほぼ聞かれる質問です。

「以前の会社は人間関係が悪かった」と言えば「もしかするとうちの会社も人間関係が悪いかもしれませんよ」と質問される可能性大です。

「前職では自分のもつ資格が生かせなかった。御社ならそれができると思った」など前向きな答えをするのが基本。前職の悪口は禁物。

当社でやりたいことはなんですか?

入社後にどのような仕事がしたいのか、具体的な目標やプランが問われています。

単に「簿記の資格をいかして経理の仕事がしたい」というだけではなく、「原価計算をしっかり行い、御社の利益のために無駄のない予算配分をおこないたい」など具体的にどのようなことを手掛けたいのかまで、しっかり答えられるようにしておきましょう。

希望する年収や休日数について

希望する年収は、まだそれほどスキルのない人にとってはむずかしいものです。平均的な給与レベルで希望得を出しておきましょう。

前職のある方は前職の給与水準を参考に。希望する休日数については求人票をチェックし、完全週休2日制と書かれてあればその希望を伝える方が良いでしょう。