読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

社長が面接してくれる時、社長のことなんて呼べばいいの?

面接時に社長が面接官として出てくることもあります。このとき、社長のことは一体どう呼べば良いのでしょうか?ここでも「正しい日本語の使い方」が試されます。丁寧に○○社長様や○○社長さんと呼びたくなりますが、これはNGなのです。その理由を知りたい方はどうぞ。

目次

「社長」や「部長」はそれ自体が敬称

2次面接や最終面接になると、面接官は社長や常務など重役が出席します。

ここで社長や常務の名前を呼ぶことがあるかどうかはわかりませんが、もし社長に呼びかけるときは「○○社長様」という言い方はやめましょう。

社長自体が敬称になるため「○○社長様」は「○○様様」と呼んでいるようなもの。二重敬語になるため失礼です。

面接官が社長の場合の正しい呼び方

面接での社長や常務の呼び方は「○○社長」や「○○常務」で間違いはありません。この呼び方以外にも「御社社長」や「御社常務」という呼び方もできます。

「御社社長のご意見をお伺いして感銘いたしました」という使い方が良いでしょう。間違っても「御社社長様」という呼び方をしてはいけません。

「社長の○○様」も間違いではありません

面接で社長へ呼びかける必要があった場合は、「社長の山本様」「常務の井上様」という言い方もできます。

ただ相手の名前を呼ぶのは、とくに社長など重役に対してはやはり抵抗があるものです。

親しい間柄ではありませんし、初対面なら名前を間違える可能性も。名前を呼びたくないなら「御社社長」「御社専務」という呼びかけの方が無難でしょう。

社長の名前を間違えないように

社長を名前で呼ぶつもりなら、社長や常務、専務など面接官の名前はしっかり頭に入れておきましょう。

面接会場には社長の前に「代表取締役・斉藤」というネームプレートが置かれているケースもありますが、そうではない場合は重役の名前を間違えないように。記憶にあまり自信がなければ「御社社長」でOKです。

「御社社長」や「御社専務」などのよび方が無難

面接で社長へ声をかけるときは、苗字がはっきりわからないときは「御社社長」と呼ぶと良いでしょう。

面接中に社長へ呼びかけをおこなうことはあまりありませんが、必要なときはそのような呼び方があると知っておくと良いですね。