面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

カフェの正社員面接で事前に回答を用意しておきたい質問例

カフェは訪れた顧客に癒しを与えてくれる素敵なスポット。カフェで働きたいという希望者も増えています。

ここではカフェ勤務を希望する多くの志望者のなかから採用されるための、服装や身だしなみ、質問例とその回答をまとめています。これからカフェで働きたい方、ご参考にしてください。

カフェは清潔感と明るさが命

街角のお洒落なカフェで癒しのひととき……でもそんな素敵な時間に、不潔で感じの悪い店員が飲み物やケーキを持ってきたらどうでしょうか?

カフェは店の雰囲気も従業員も、感じが良くなければなりません。そのためカフェの正社員には「清潔さ」や「明るさ」「親しみやすさ」が必要なのです。

面接では髭を剃る、ナチュラルメイク、短めの爪など清潔感のある身なりで臨みましょう。

志望動機にはしっかりとした回答を

志望動機には「なんとなくカフェが好きだから」「癒しやコーヒーに興味があるから」という抽象的な回答よりも、具体的な志望動機の方が好まれます。

「コーヒーにとても興味がありブレンドなどを勉強していました。知識を生かして働きたい」「カフェ検定のシルバーをもっています」など、カフェへの熱意と具体的な経験、知識を表現できる方が採用には有利です。

「アピールポイントは?」という質問には明るさや話しやすさをアピール

カフェは接客業になりますので、志望者には人当りや親しみやすさ、話しやすさが求められます。

そこで「誰とでも打ち解けることができ、楽しくおしゃべりができる」「よく友達の相談にのる。友達からは信頼してもらえている」など、人付き合いに問題がないことや親しみやすい人柄であることをわかりやすくアピールします。

「なぜカフェへの転職を決断したのか?」に前職の不満はタブー

転職希望者の場合、良く聞かれるのが転職理由です。

ここで前職の悪口はできるだけ避けた方が◎。転職理由としては、カフェに対するあこがれや希望などを語る方が無難です。「ずっとカフェで働きたいと思っていた」という感じです。

または就業形態を変化させたい(パート従業員から正社員へ)、やりがいのある仕事に就きたかったなど、前向きな答えの方が好印象を与えられます。

「最後に質問はありますか?」への回答は?

質問がないのに無理に聞く必要はありません。その場合には「今は浮かびません」「とくにありません」で良いのです。

私服での面接でスーツはダメ?

社会人としての面接なので、GパンTシャツなどラフすぎる服装では常識を疑われてしまいます。

私服で良いとされているなら、せめて清潔感のある洋服、白系のワンピースなどでまとめることです。私服での面接にリクルートスーツも良くありません。

私服で面接の場合、普段着のセンスをみる狙いがあるためスーツは避けるのが基本です。