面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

転職の面接で30代~40代女性が必ず聞かれる「結婚の予定」のベストアンサー

面接で結婚の予定を聞かれたことはありますか?特に30歳を過ぎた女性には多く聞かれる質問かもしれません。この質問には面接官のどんな意図があるのでしょうか?またこの質問に関してはどのような答え方がベストでしょうか?会社側の意図からベストな回答まで順を追って説明していきます。

会社の意図

まず「結婚の予定は?」と会社側から質問があった場合、会社としてはいざ採用してすぐにやめられては困るという不安や、採用したからには継続して長く勤務してもらいたいという希望があります。そのためその不安や希望に添える答えであれば、問題はないということになります。

あくまでも継続して長期で働いてもらいたい思いからで、結婚するかしないかは大きな問題ではありません。「そんなプライベートなことを答えられない」と拒否してしまわずに、就職する目的をかなえるためにも会社の意向に添った答えを用意して面接には望みましょう。

結婚の予定はない場合

会社としてみれば30代から40代の女性の場合、もう結婚を予定している相手がいる、もしくは結婚の日取りも決まっているかもしれないと考えます。そのため採用して直ぐ結婚、産休、出産、退職と続いてしまっては何のために採用したかわからなくなってしまいます。

気持ち的には結婚に対して焦りもあり結婚したくてもできない辛さがあったとしても面接の席では「結婚の予定はありません。」もしくは「今のところ予定はありませんが結婚後も継続して仕事は長く続けるつもり」という意思表示をした方が良いでしょう。

結婚の予定がある場合

結婚の予定がある場合は、ここでそのことを隠しても就職後は当然報告することになるので正直に現状を伝えてください。結婚後も継続して仕事をするという意思表示すればそこまで採用可否に影響はしないでしょう。

結婚してもしばらくは子供は作らない予定、子供が出来ても継続して仕事を続けられる環境にある、相手の男性も共働きには賛成しているなど具体的な会社側の不安を解消する言葉を添えましょう。

まとめ

このように面接のときの「結婚の予定は?」の質問は長期で勤務することは可能かどうかを確かめる質問です。言葉をストレートにとって不快な思いを抱いてしまうかかもしれませんが、採用をものにするためにも会社側が安心する回答をすることが大切です。

女性の転職におすすめの記事

mensetsu.hatenablog.jp

mensetsu.hatenablog.jp