面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

転職サイトのスカウトとは?スカウトがくるおすすめの転職サイト&エージェント

転職サイトに登録すると、利用者のプロフィールを見て企業やお店からスカウトメールが来るケースがあります。スカウトシステムを採用したサービスだけの特徴ですが、この転職サイトのスカウトにはどのようなメリットがあるのでしょうか?注意点や利点などをまとめています。

企業から直接来るスカウトメールはチャンス!

転職サイトの中には、自分のニックネームや年齢、おおよその住所、保有資格、キャリアなどを登録すると、会員限定で閲覧できるサービスがあります。

このサービスを利用すると、企業から「うちで働いてみませんか」「面接を受けてみませんか」と連絡がくる可能性があります。これをスカウトメールと言います。思ってもいない企業から声がかかると嬉しいですし、可能性も広がりますね。スカウトメールはチャンスなのです。

自動配信メールには要注意

意外な企業から送られてくるスカウトメール。嬉しい反面注意するべき事もあります。メールのなかでも、年齢や希望職種が合っているだけで自動的に配信されるスカウトメールには要注意

自動配信メールは担当者の名前はなく、「○月○日に電話をさしあげたい」「直接お会いしたい」という具体的な内容が一切ないのが特徴です。

「わが社に興味はありませんか?」「一度会社のHPをチェックしてください」程度のメールではスカウトとは呼べません。大量に配信されているかもしれない自動配信のスカウトメールには反応しないように。心配であれば運営事務局に問い合わせを行うと安心です。

普段は気付かない会社に気付けるメリットあり

スカウトメールが来ることで、まったく知らなかった会社に気が付けるのは大きなメリットです。さらに「販売員の経験していなかったのに、ウェブ系の会社からスカウトメールが来た」などそれまで未経験だった業種からも声がかかります。

スカウトメールが来ない場合

希望条件が厳しすぎる場合、また年齢が高いなどの理由があるとスカウトメールが少なくなる可能性もあります。ただスカウトメールが来ないからと言って、とくに転職には問題ありません

スカウトメールはあくまでも機能の一つであり、本命はエージェントによる転職先の紹介であったり、利用者本人が直接動いて転職先を確保することです。スカウトメールの有無はとくに関係ないのです。

スカウトメールがくれば採用されるの?

スカウトメールはあくまでも「お誘い」なので、面接や書類審査は必ずあります。スカウトされたからと言って、すぐに採用されるわけではありません。この辺りを頭にいれておかないと「志望動機は?」と聞かれて「スカウトメールが来たので面接を受けにきました。でもスカウトが来たのだから採用は決定ですよね?」とトンチンカンな返事をしたらアウトです。

スカウトメールが届いたら、「スカウトが来たから応募しました」ではなく、その会社に興味があり積極的に転職したいのかどうかをまずは考えること。スカウトメールはきっかけにすぎません。気に入らない企業であれば、スカウトメールは無視しても構わないのです。

スカウトがある転職サイト&エージェント

mensetsu.hatenablog.jp

> リクナビNEXT 公式サイトはこちら

mensetsu.hatenablog.jp

> マイナビエージェント 公式サイトはこちら

mensetsu.hatenablog.jp

> DODA 公式サイトはこちら

まとめ

スカウトシステムは意外な企業と求職者を結びつける素晴らしいシステムですが、スカウトメールが来たからと言って採用が決まったわけではありません。興味のある仕事であれば面接を受けて採用される可能性はありますが、興味のない仕事なら無視してOKです。