面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

転職エージェントを使った方が良い理由

転職は人生でもそう何度も体験するものではありません。今後の人生を左右する大きな転機になるため、できるだけ失敗しないように慎重に行いたいものです。転職エージェントを利用する方が成功率が高くなると言われていますが、それはなぜなのでしょうか?転職エージェントを使った方が良い理由をまとめています。

客観的な価値をしっかり判断してくれる

転職エージェントは豊富な経験をもつプロのアドバイザーです。転職を希望する利用者の価値をしっかり判断して、一人一人に合った転職先を紹介してくれるのが大きな魅力。「え?そんな業界に適性があったの?」「この資格で働ける場所は一つじゃなかった」など、意外な転職先情報を提供してくれます。

客観的な視点から転職先や適性を判断してくれるので、それまで気が付かなかった才能や適性、転職先に気が付くチャンスです。市場価値が良く分からない方はエージェントに判断してもらうのも良い方法です。

カウンセリングでキャリアデザインができる

転職時はキャリアデザインを変更したり継続する節目。この先どんな仕事をしていけばいいのか、キャリアをどう積み上げていけばいいのか、キャリアをどう活かすのかは分かりにくいもの。

そこで転職エージェントの担当者に今後のキャリアデザインを相談すると、最適なアドバイスがもらえます。転職は人生の節目。できるだけ後悔しない選択をするためにも、転職のプロの意見を聞いて最適な道を進みましょう。

非公開求人(優良求人)を紹介してくれる

転職エージェントの大きな強みは非公開求人(優良求人)を紹介してくれること。非公開求人は公にできない求人で、有名企業が公に求人募集できないときや急募のとき、ライバル会社に求人動向を探られたくないときなどの理由があるときに発生します。求人条件が良いので公開すると応募が殺到するのが非公開求人です。

採用担当者がパニックにならないよう、あらかじめ転職エージェントに登録されている利用者だけに紹介されます。非公開求人を紹介してもらいたいなら、転職エージェントに登録が必須です。

在職中でも楽々転職できる

担当者が求人の紹介や事務連絡、履歴書や職務経歴書の書き方指導など細かい点まで指導してくれるので、在職中で転職に必要な時間が割けない方にとってかなり有りがたいサービスです。仕事中でも求人情報が自動的に届き「A社の面接を受けたい」と連絡するだけで、担当者が面接日や場所をすぐに設定し手配してくれます。

履歴書・職務経歴書のチェックや面接時の注意事項の説明、合否連絡、入社日の調整のほかにも、現職の辞め方アドバイスまでお願いできるのが心強いです。

在職中で忙しい方はエージェントを利用するのがお勧め。

履歴書や職務経歴書の書き方を指導してくれる

転職時には必要な履歴書や職務経歴書。ところが普段書き慣れたものではないため、どうしても失礼な書き方になってしまいます。そこで力になってくれるのが転職エージェント。

転職先の採用担当者がおもわず採用したくなるような書類の書き方を伝授。書き方のまずい部分は変えるようにアドバイスしてくれますし、読む側に立った文章の書き方も指南してくれます。

書類選考を突破するには第三者からのアドバイスが必要なのです。

転職後のトラブルにも対応できる

面接の前後に、担当者が転職した後の条件について企業側と調整を行います。給与額はもちろん休日や福利厚生など気になる条件を確認するので、もし転職後に「話しが違う」とトラブルになったとしても大丈夫。

担当者が「給与は手取りで20万円の約束です」「土日は休日のはずですよね」としっかり確認してくれるので、言った言わないのトラブルが発生しにくいのです。第三者を入れて転職するとトラブルが少なくなるのがメリットです。

まとめ

転職エージェントを利用したときのメリットをまとめました。忙しい方は転職に関わる雑務を一任できる方がいると本当に便利。また第三者を間に挟むことでトラブルも減らせます。