面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

転職先の探し方

いざ転職となった場合、まず考えるのが転職先探しです。新聞の求人欄、求人雑誌ハローワーク、求人サイト、友人や知人の紹介、看板など転職先を探すための方法はいくつかあります。一番成功しやすいのはどのような探し方なのでしょうか?まとめてみました。

一番成功しやすい探し方は、働きたい業界に合わせて求人を探す求人媒体を見極める

転職先の探し方は、紹介型と応募型に分けられます。紹介型の代表は公的機関のハローワーク、民間の転職エージェントなど。

応募型は民間の総合求人媒体、業種特化型求人媒体など。紹介型のうち、民間の転職エージェントは担当者がつき、条件に合う転職先を紹介してくれるので時間のない方にピッタリ。応募型はマイペースで転職活動ができるので、自分のペースで転職したい方に向いています。個人の性格や忙しさなどで利用するサービスを使い分けます。

ハローワークを利用すると転職成功しやすい人

ハローワークを通じて人材を採用すると、雇用関係助成金がもらえる企業があります。高齢者、母子家庭の方、安定した職に就けていない方など条件はあるのですが、このような方はハローワークを通じて転職先を探すと有利。

企業は採用者の教育目的として助成金を受け取ることができるため、高齢者や母子家庭(父子家庭)の方、紹介日に雇用保険の被保険者でない方などはハローワークを通して転職する方が有利になる可能性大です。

転職エージェントを利用すると転職成功しやすい人

転職エージェントは利用者一人一人に対して専任の担当者がつきます。応募型とは違い、専任のコンサルタントがつくので相談もできますしフォローも手厚い傾向にあります。

何度も就職退職を繰り返し経歴がキレイではない方、転職先を条件交渉して欲しい方、なかなか転職先が決まらない方、初めて転職する方、仕事が忙しくて転職しにく方など「ちょっと難がある」「スムーズにいかない(いきそうにない)」方が利用するとスムーズに転職しやすくなります。

強力なサポーターがついてくれるので、転職に不安のある方もおすすめ。

各転職エージェント、それぞれ強みがある

転職エージェントのなかには業種特化型のエージェントがあります。各エージェントの強みを比較して、利用する転職エージェントを選ぶと良いです。

キャリアを最大限に活かして転職したい方は、業種特化型の転職エージェントを利用すると満足できる可能性アップ。業種特化型の転職エージェントは業界の動向に精通しているので、離職率の低い優良求人を紹介してくれるメリットもあります。

業界特化型の転職エージェントもかなり多いので、必ず比較検討して利用するサービスを決めて複数利用するのが成功への鍵です。

総合求人媒体を利用すると転職成功しやすい人

総合求人媒体(応募型)を利用すると転職成功しやすい人は、直接企業の採用担当者とやり取りしたい人や過去に転職したことがあり、転職の流れ、ノウハウがある程度ある方など。

企業との間にエージェントが入らないので、自分のペースで転職活動ができるのがメリット。自主的にどんどん動いていきたい方、自分で判断していきたい方は応募型の求人サイトを使うと満足できます。

業種特化型求人媒体を利用すると転職成功しやすい人

業種特化型求人媒体を利用すると転職成功しやすい方は、専門職の方で転職活動を経験している方、過去にエージェントを利用してなかなか採用が決まらなかった方など。転職活動をある程度経験していると、求人チェックから転職希望先の採用担当者との交渉、履歴書や職務経歴書の書き方、面接時のマナーなどある程度知識があります。

このような場合はエージェントを使わずに自分でどんどん転職活動を進めていく方が時間効率も良く、本人も納得できる転職ができます。

まとめ

転職先の探し方は紹介してもらうか、それとも自分で転職先を選んで応募するかの二択しかありません。どちらがより自分に向いているかは、経歴や性格、転職回数、転職に充てられる時間の有無などによります。よく検討してみるのが良いです。