面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

介護の面接で落ちる人にありがちな質問の回答と改善点

介護業界は深刻な人手不足に陥っています。2025年、団塊の世代後期高齢者になる時期には全国で約38万人もの介護職員が不足するとされています。

そのため介護職員は引く手あまた。ただし誰でも採用されるわけではありません。介護の仕事は定着率が悪いこともあり、採用コストが大きくなるので、どの企業も慎重に採用します。

人手不足の介護業界、参入障壁が低く採用率も高いけど・・・

介護業界は正直、かなりの人手不足です。介護職員が足りなくて、介護施設がオープンできないケースも実際にあるほど。施設で働く介護職員にはとくに資格が必要ないため「誰でも明日から介護職員になれる」のが現状です。

人手不足を反映して採用率も高いため、介護業界には多くの人材が流れ込んでいますが、最近は採用活動に慎重になっている企業が増えています。

志望動機に「介護は誰でもできる仕事」「ほかに仕事がない」ではダメ

介護職を希望する方のなかには、ほかの業種で仕事がうまくいかなかった方もいます。けれど「ほかに仕事がなく、仕方なく介護職を選んだ」「介護は誰でもできるから」という正直な気持ちを面接でしゃべると、事業者側も採用しにくくなります。

「介護業界に興味があった」「高齢者のお世話がしたい」という理由でまとめる方が面接官に与える印象も違いますね。

御社で学び、成長したいという理由は弱い

介護職未経験者の場合、どうしても最初は先輩の指導を受けなければ仕事ができません。ところが介護業界は深刻な人手不足。ゆっくり丁寧に指導してくれる事業所は少数派です。

「御社で学び、勉強させてほしい」という消極的で受け身な姿勢ではなく「先輩の仕事を見てどんどん吸収する」という意欲を、前面に出す必要があります。

シフトに対して注文を付け過ぎると不採用に

介護業界は24時間365日稼働しているので、夜勤や交代勤務、早出、遅出などシフト制がメインです。とくに正社員は必ずシフトに入るため、変則勤務ができない場合は採用率がさがる可能性があります。

面接の時に「土日出勤することありますか?」「夜勤はどのくらいありますか?」と聞くと、あまり働けないのかな?と思ってしまいますので、「どのようなシフトで働くことになりますか?」と、ざっくりした質問内容にした方が良いです。

向上心がない人は落ちる可能性が高くなる

施設の介護職員は無資格でも仕事ができます。ところがなかには「無資格者は数年以内に資格をとってほしい」という方針の老人ホームの場合、資格をとることが前提で入職することになります。

介護職員初任者研修は難しい資格ではないのですが、講習が長く取得に時間がかかるのがデメリットです。面接時に「資格は絶対取らないとダメですか?」というと、採用が見送られるリスクもあります。

入職条件ばかり聞いてくる人は印象が悪い

面接時に「休日数は?給与は?待遇は?」と入職条件をこと細かに確認したい気持ちはわかりますが、正直、介護業界はそれほど待遇がよくありません。

「給与は月30万円以上、週休2日」など、介護業界では考えられないほどの好待遇を期待する志望者には、かなり高い確率で「採用不可」の通知がくることになります。

好待遇を期待しているならほかの業界を選ぶ方がいい、と判断されてしまうのです。

前職や前職の人間関係の悪口をいう人は敬遠されがち

「前職はいじわるな先輩と上司がいて最悪でした」「給与が低くてやっていられませんでした」と、前職の悪口を連発するのは控えましょう。転職先の給与が安い場合、同じように辞めていくと判断されるからです。

前の職場を辞めた理由は「自分の能力をもっと試したいから」「介護業界で活躍したいから」と前向きな理由にしておく方が、意欲的だと判断され有利です。

介護専門の転職エージェントを利用する

人材不足の職種は、必ずといっていいほど、専門の転職エージェントのサービスが存在しています。カイゴジョブやかいご畑など、一般転職の転職サイトではなく、介護専門の転職エージェントを利用して、求人紹介、面接対策、入職条件の交渉を行うのが賢い就職・転職活動の方法だと思います。