面接必勝法

ベンチャー企業の人事・教育担当が面接対策について書いてみます。

筆記試験の結果連絡は1週間弱~2週間程度

筆記試験を受けた後は、次のステップに進めるのか冷や冷やするものですよね。筆記試験の出来が自分でも悪いと感じている人はなおさら心配でしょう。夜眠れなかったり食が細くなったり喫煙する量が増えたり、と落ち着いて生活できない日々が続くはずです。

筆記試験の結果は通常、「1~2週間以内に連絡が来る」と思っておきましょう。

採用担当者へいつ頃結果が出るのか聞いておく

筆記試験の合格不合格の連絡は、企業の規模、応募者数、選考方法によって異なるので平均として考えておいて下さい。筆記試験は面接と同じタイミングで行われることが多く、面接と試験の結果どちらも照らし合わせて次のステップに進める応募者を選抜しているので最低でも1週間の期間は必要です。

筆記試験の会場で担当者が「1週間以内に連絡をします」と口頭で知らせてくれたり、「1~2週間程度でご連絡させて頂きます」と記載されている書面が渡されるパターンがありますが、いつ頃に結果が出るのか分からない場合もあるでしょう。

試験を終えて担当者の方から連絡の時期の話がなければ自分から聞いておくことも大切です。入職への熱意を担当者にアピールできますし、期間が分からず毎日心配しながら転職活動や仕事をするのは精神的に良くありません。

期限までに連絡がない時は連絡してみる

人事部の方に言われた期限を過ぎても結果が出ない時は担当者の連絡ミスということもありえますので、電話又はメールで失礼のないように連絡してみることが必要です。

1~2週間より早く連絡が来ることが多い

「筆記試験の合否は平均1~2週間で出る」としましたが、実は実際はもっと早く連絡が来ることが多いです。

というのも、筆記試験は業者が採点する場合と担当者が採点する場合とありますが、ほとんどの企業が自社ではなく業者が採点しています。業者が採点する場合は遅くても2日後には採点結果が担当者の手元に上がってきていますので、早ければ2日後には合否の連絡が来るわけです。

担当者から伝えらえた期間ギリギリだった場合は筆記試験の結果が良くなく、次のステップに進めるか担当者が迷っていたと取ってもおかしくないでしょう。次の面接では挽回できるようにそれまで以上に面接対策をしておくべきですよ。

次の面接の用意をしておく

筆記試験後には採用か次の面接の2パターンです。どちらにせよ、筆記試験後は面接で聞かれる質問の答えを練ったり、面接のイメトレをしたり、模擬面接をしたりと、面接の準備を進めておくべきでしょう。

筆記試験の結果で応募者に甲乙つけがたい時は予定外に面接が行われる場合もあります。後は採用不採用の連絡を待つだけなんて甘んじていては、次の面接で痛い目をみるかもしれませんよ。

まとめ

筆記試験の合否の連絡が来たら、お礼のメールを送ることも忘れずに!面接、筆記試験の出来を気にしすぎて忘れてしまいがちなので注意です。お礼のメールは決して合否に直結しませんが、面接官の心象を良くするためにも送っておくのがベターでしょう。

せっかく筆記試験まで進めた転職活動です。採用というゴールに向かって最後まで抜かりなく事前準備をし、採用を勝ち取りましょう!